カーボンナノチューブフィルムとは何ですか?

一次元ナノ材料であるカーボンナノチューブは、グラフェンシートをカールさせることによって形成されたシームレスな中空ナノチューブと単純に見なすことができます。超長い直径を有し、自身がネットワーク構造のフィルムを形成することができます。

Suzhou Jernanoは中国科学院蘇州ナノ研究所の技術的優位性に基づき、「カーボンナノチューブフィルム」生産のボトルネックを突破し、量産を実現し、現在年間生産量が10万㎡に達しました。同時に、合計41件の発明特許を出願し、そのうち31件が特許を取得したという結果を得ました。
Suzhou Jernanoは、カーボンナノチューブフィルムの量産に基づいて、「J E R N A N Oカーボンナノフレキシブルヒーターモジュール」の開発に成功し、服装や、家庭用紡織品、理学療法、アウトドア装備などの製品に幅広く応用されることができます。

Jernanoカーボンナノフレキシブルヒーターシステム

Jernanoカーボンナノフレキシブルヒーターシステム

Suzhou Jernanoは、新しいナノ素材であるカーボンナノチューブフィルムをウェアラブル発熱技術に応用することにより、衣類に通電すると、ヒーターシステムが熱を発生し、能動的な熱供給を実現し、体を温めるます。

スマート制御システム

スマート制御システム

JERNANOヒーターシステムは、複数のスマート制御プランをサポートしています。ユーザーは、スマートウォッチ(Apple、Xiaomi)、WeChatミニプログラム、およびモバイルアプリを介してヒーターシステムを簡単に制御できます。

OTAバージョンアップ

OTAバージョンアップ

JERNANOヒーターシステムは無線バージョンアップ(OTA)をサポートしています。
システムのバージョンアップを通じて、最新技術を自分のスマートウェアに更新することができます。



ヒータープラン

ヒータープラン